検索



 

« 7月のシネマダンキチ | メイン | 『日本沈没1999』 »

2006年7月23日

『僕の、世界の中心は、君だ』試写

最近、韓国の映画を日本がリメイクしたり(『八月のクリスマス』)、

日本のTVドラマを韓国で作り直したり(『私の頭の中の消しゴム』)、

韓国の映画をハリウッド版として装いも新たに生まれ変わらせたり(『イルマーレ』)、

いろいろな国でバージョン違いが生まれていますが、今回は日本の大ヒット映画が、今一番アツイ恋愛ドラマの国、韓国で……。『世界の中心で、愛をさけぶ』韓国版です。

『猟奇的な彼女』のチャ・テヒョンと、「オールイン~運命の愛」などに出演しこれが映画デビューとなるソン・ヘギョ。2人が日本中を涙で濡らしたあの物語を韓国アレンジで見せてくれます。

すごくシンプルなつくりで、日本版では世界の中心がオーストラリアだったのに対し、韓国版は“君”ということでずっと身近なテーマに。成長した姿もチャ・テヒョンが演じています。でも基本的なストーリーは同じなので安心して見てられます。それにしてもチャ・テヒョンって本国では超セレブなはずなのに、全然気取ってなくて、“お隣に住む青年”っぽいところがすごいと思う。

また、本編や少し前までの予告編ではテーマソングというものがなかったのですが、先日映画館で新しい予告編を見てビックリ! 平井堅の「瞳をとじて」が韓国語カバーされているではありませんか!! 調べたら歌っているのは主演のチャ・テヒョン。 “ひらいけんじ”じゃありません!!

僕の見た試写のプリントでは流れなかったですが、もしかしたら全国公開するバージョンにはチャ・テヒョンの歌う「瞳をとじて」がエンディングテーマになっているかもしれませんね。またはイメージソングかな?

『僕の、世界の中心は、君だ』試写 on 映画感想 : 2006年7月23日 19:51

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigaseikatu.com/umt/pia-mt32-ja-tb.cgi/1800

このリストは、次のエントリーを参照しています: 『僕の、世界の中心は、君だ』試写:

» 偽りの花園 from 無料でお得な情報発信ブログ
偽りの花園紹介 昭和初期という古き良き時代のなか、千葉の房総を舞台に網本の娘として 育てられているヒロイン・美禰子と美琶子の乳姉妹のモノローグで ドラマは... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年7月31日 07:23

» 「僕の、世界の中心は、君だ」やっと日本公開、ヒットはどうかな from soramove
「波浪注意報」セカチューのリメイクをバンコクで観る 今年3月26日のブログ、タイのバンコクで観たときの感想を再掲載、 CMを何度かTVで見たけれど、ヒッ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年8月27日 17:58

» ソン・ヘギョ from 韓流スター情報倶楽部
ソン・ヘギョは早口でおしゃべりなことから「きつつき」と呼ばれる人気女優です。 [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年10月 6日 13:22

コメント

コメントしてください




保存しますか?


DEG JAPAN ブルーレイ大賞特別企画 最新人気のブルーレイ一挙ご紹介!
名優ウィリアム・H・メイシー初監督作 君が生きた証の魅力に迫る! 2月21日(土)全国ロードショー
もっとも共感できるキーラ・ナイトレイがここに はじまりのうた 女性限定試写会レポート 2月7日(土)全国ロードショー
あなたは思い出す。誰に愛され、誰を愛していたか。 悼む人 ココが見どころ 2月14日(土)ロードショー
THE87th ACADEMY AWARDS アカデミー賞を、みんなで語ろう!
ミュータント・タートルズ 最新情報まとめ カメでニンジャなヤツらの超絶アクション・アドベンチャー
今まさに黄金時代!ミュージカル映画の魅力をひも解く!『ANNIE/アニー』
希望の涙が溢れる感動作!ブルーレイで見る『2つ目の窓』の見どころ 1月21日(水)Blu-ray&DVD発売、DVDレンタル開始
ムダが世界をおもしろくする。  FILT 73 1月27日更新 ここは、大人の国。
©1999-2007 Unoh Inc. All rights reserved.