それでえいがな RSS

映画館で起こることは映画より面白い? 映画業界のことから、見にきたお客さん、 試写で見た作品などをランダムにご紹介。



« 2008年1月 | メイン | 2008年3月 »

2008年2月16日

第31回日本アカデミー賞

僕は仕事があって会場へは行けなかったのですが、昨日発表されましたね。
主要部門はこんな感じでした。


●最優秀作品賞
「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」


●最優秀アニメーション作品賞
「鉄コン筋クリート」


●最優秀監督賞
松岡 錠司
「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」


●最優秀脚本賞
松尾 スズキ
「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」


●最優秀主演男優賞
吉岡 秀隆
「ALWAYS 続・三丁目の夕日」


●最優秀主演女優賞
樹木 希林
「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」


●最優秀助演男優賞
小林 薫
「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」


●最優秀助演女優賞
もたい まさこ
「それでもボクはやってない」


●最優秀外国作品賞
硫黄島からの手紙


●話題賞
(作品部門) 「キサラギ」
(俳優部門) 新垣 結衣 <対象作品>「恋空」


****************************************


というわけで、昭和34年の東京タワー話と、現代の東京タワー話が主要部門を独占!


「それでも僕はやってない」がもう少し主要部門に食い込んでくると思ったのですが、超大ヒット作に押されてしまいましたね。しかし去年一番ヒットした日本映画は優秀賞にも入っていないという賞レースの面白さ。


あとやはり審査する4000人あまりの会員の年齢が少し高めなので、若者向けの作品は難しいですね。僕がかなりの部門で投票していた『キサラギ』も最優秀賞はやはり取れませんでした。あの香川照之、最高だったのですが……。


TVでの放送を見ていましたのですが、もっとあの会場を盛り上げるためにやはり質の高いコメディアンとか司会に入れたほうがいいんじゃないですかね。なんか硬かったし、冷めてる人もいた気が。


僕のオススメとしてはぜひ映画主題歌賞も新設してもらって、映画を盛り上げたシンガーたちの歌も聞けたらもっと盛り上がると思いますよ。来年こそ採用希望。


さらにいえばやはり前日に日本ラジー賞をやるべきですね(笑)。ちなみに僕がmixiのコミュニティで管理者を務めて絶賛開設中なので、興味がある方はぜひ参加してみてくださいね。これも本家を盛り上げる一つの手段ですよ。


ということで、もう次の賞レースは始まっています。明日はどんな日本映画を見に行こうかな~♪

第31回日本アカデミー賞 on 日本アカデミー賞 : 00:19 | コメント (11) | トラックバック

[ 映画生活の映画ブログ ]
└ブログ一覧へ
DEG JAPAN ブルーレイ大賞特別企画 最新人気のブルーレイ一挙ご紹介!
名優ウィリアム・H・メイシー初監督作 君が生きた証の魅力に迫る! 2月21日(土)全国ロードショー
もっとも共感できるキーラ・ナイトレイがここに はじまりのうた 女性限定試写会レポート 2月7日(土)全国ロードショー
あなたは思い出す。誰に愛され、誰を愛していたか。 悼む人 ココが見どころ 2月14日(土)ロードショー
THE87th ACADEMY AWARDS アカデミー賞を、みんなで語ろう!
ミュータント・タートルズ 最新情報まとめ カメでニンジャなヤツらの超絶アクション・アドベンチャー
今まさに黄金時代!ミュージカル映画の魅力をひも解く!『ANNIE/アニー』
希望の涙が溢れる感動作!ブルーレイで見る『2つ目の窓』の見どころ 1月21日(水)Blu-ray&DVD発売、DVDレンタル開始
ムダが世界をおもしろくする。  FILT 73 1月27日更新 ここは、大人の国。
©1999-2007 Unoh Inc. All rights reserved.