検索



 

それでえいがな RSS

映画館で起こることは映画より面白い? 映画業界のことから、見にきたお客さん、 試写で見た作品などをランダムにご紹介。



« 2009年4月 | メイン | 2009年6月 »

2009年5月22日

『スター・トレック』@九段会館


実はスター・トレックってほとんど見たことなかったんですよね。


もちろん、エンタープライズ号とか登場人物でスポックなどの名前は知ってるし、ファンがすごく多いシリーズなんですけど、生まれた時にはもう始まってたし。


そんな僕のために作られたような映画が遂に完成!


その名も『スタートレック』!!


ビギンズとかZEROとか、サブタイトルが全くないのも斬新☆


しかも「LOST」や『M:i:III』『クローバーフィールド/HAKAISHA』のクリエイター、J・J・エイブラムスにより語られる新シリーズの幕開け。

かなり期待していたのですが、それに負けないぐらい面白かったですよ。


伝説的な宇宙船キャプテンを父に持つ主人公が、ケンカや女の子に明けくれた毎日から飛び出し宇宙を目指す......という分かりやすいストーリーに、大人気シリーズならではの壮大な宇宙戦や変わり者の登場人物などがぎっしりと詰まっていてドキドキしっぱなしの2時間6分。


僕の大好きな『ショーン・オブ・ザ・デッド』『ホットファズ 俺たちスーパーポリスメン』のサイモン・ペッグも映画後半から参加して笑いを誘っています。


ちなみに最後までエリック・バナがどこに出ているか分からなかったのですが、最初から出ていました(笑)。


映画生活とぴあの『スター・トレック』応援ブログもあるよ!


『スター・トレック』@九段会館 on 映画感想 : 19:33 | コメント (3) | トラックバック

2009年5月 5日

『重力ピエロ』@アスミック・エース試写室

伊坂幸太郎原作、加瀬亮・岡田将生主演の話題作を見てきました!


この作品、ジャンル分けが難しい。

放火事件とグラフィティアートをめぐるミステリーでもあるし、


兄弟と家族を描く人間ドラマでもある。


言ってみれば、ミステリーヒューマンドラマ。

ある兄弟が地元での連続放火事件に共通点を発見し、独自に調べていくうちに犯人に急接近。犯人はあるメッセージを放火によって伝えていた......。

題名の意味するところが映画を見終わった後はジーンと響いてくる。

そしてもう一度見たくなるような映画になっています。

意外な人物として『蛇とピアス』の熱演も記憶に新しい吉高由里子も謎の女として出てきて、注目です!!


伊坂幸太郎さんの作品は最近めちゃくちゃ映画化されて、

『陽気なギャングが地球を回す』
『アヒルと鴨のコインロッカー』
『SWEET RAIN 死神の精度』
『フィッシュストーリー』

があり、さらに今後

『ラッシュライフ』
『ゴールデンスランバー』

が公開されるという、まさに映画に愛される作家。今後も楽しみです。

『重力ピエロ』@アスミック・エース試写室 on 映画感想 : 19:44 | コメント (17) | トラックバック

[ 映画生活の映画ブログ ]
└ブログ一覧へ
DEG JAPAN ブルーレイ大賞特別企画 最新人気のブルーレイ一挙ご紹介!
名優ウィリアム・H・メイシー初監督作 君が生きた証の魅力に迫る! 2月21日(土)全国ロードショー
もっとも共感できるキーラ・ナイトレイがここに はじまりのうた 女性限定試写会レポート 2月7日(土)全国ロードショー
あなたは思い出す。誰に愛され、誰を愛していたか。 悼む人 ココが見どころ 2月14日(土)ロードショー
THE87th ACADEMY AWARDS アカデミー賞を、みんなで語ろう!
ミュータント・タートルズ 最新情報まとめ カメでニンジャなヤツらの超絶アクション・アドベンチャー
今まさに黄金時代!ミュージカル映画の魅力をひも解く!『ANNIE/アニー』
希望の涙が溢れる感動作!ブルーレイで見る『2つ目の窓』の見どころ 1月21日(水)Blu-ray&DVD発売、DVDレンタル開始
ムダが世界をおもしろくする。  FILT 73 1月27日更新 ここは、大人の国。
©1999-2007 Unoh Inc. All rights reserved.